銀行カードローンと消費者金融の違い

MENU

銀行カードローンと消費者金融カードローンの魅力を紹介

基本的に、カードローンとひとくちに言っても、それには大きく分けてふたつのものが存在しています。それは、まずひとつ目が銀行カードローン、そしてもうひとつが消費者金融系のカードローンです。

銀行カードローンと消費者金融カードローン

そのなかで、どちらのカードローンがいいのか、迷ってしまう人も多いです。どちらにもメリットが存在しています。たとえば、銀行カードローンであれば主婦の方や学生の方でも審査が通過しやすい、というメリットがあります。ただし、利用限度額は主婦や学生の方ですと低くなる傾向が高いです。あと、銀行カードローンのメリットとしては、消費者金融系にくらべて金利が安い、ということがいえます。さらに、利用限度額が高額になる場合が多いです。そのために、できるだけたくさん借りたい、というひとに銀行カードローンはおすすめです。

限度額について

たとえば、通常、消費者金融で融資を受けるような場合、初めの段階では限度額は50万円前後に設定されていることが多いです。しかし、銀行カードローンであれば、最初から限度額が100万円超えていることは多いです。

 

また、貸金業法の総量規制というものがあり、それによると年収の3分の1以上の融資はできない、とあります。そしてこの総量規制というのは、消費者金融系のカードローンのみに適用されます。つまり、銀行カードローンは総量規制の適用枠外であり、年収の3分の1を超えての融資も問題なく受けられることになります。さらに、少額融資にも対応しているのが銀行カードローンです。たとえば三菱東京UFJのカードローンは、1000円から融資を受けることができます。

審査時間について

消費者金融のカードローンのメリットとしてまずいえるのは、審査の時間が速い、ということです。ですから、即日融資を希望している、というような場合には、消費者金融系のカードローンがおすすめです。
ただし、銀行と違って50万円を超えるなど、比較的に少ない借り入れでも収入証明書の提出が必要になってきます。ですから、銀行よりも少額の借り入れを希望するひとに向いているといえるでしょう。

 

無利息期間

最近では無利息期間というものを設けるカードローンが増えていて、これはやはり相当にオトクに借り入れができるために、非常に人気のサービスになっています。この無利息期間は、やはり銀行よりも消費者金融で行なっていることが多いです。しかしながら、新生銀行グループのレイクでも、無利息期間のサービスを行なっています。レイクはもともとが消費者金融でしたから、銀行グループに入っても、いまなお金利などの面で消費者金融的性格を残している、といってよいでしょう。

 

消費者金融で無利息期間を設けているところとしては、プロミス、アコム、ノーローンなどが有名です。

返済方法

カードローンを利用する場合、返済はリボで行なっていくことが多いです。この毎回の最低返済額というのは、やはり借り入れた金額に応じて上がっていきます。金利もまた会社によりますが、一般的にはたくさん借りていたほうが高くなる傾向にあります。

 

ですから、できるだけ返済期間が短くなるように、早く返済をするということがオトクに利用するためには大事です。

 

最低返済額に関しては、銀行カードローンでは1万円となることが多く、消費者金融では3000円となることが多いです。銀行カードローンのほうが多額の借り入れをすることが多いですから、最低返済額も高くなる傾向があります。ただし、三菱東京UFJ銀行などでは、最低返済額の減額を申し込むことができます。

 

また、最低返済額にかぎらず、一括で返済したり、繰上げて返済することは、銀行カードローンでも消費者金融カードローンでも認められています。

30万円借りたいならココを参考に見てみよう!

ここまでは銀行カードローンと消費者金融の違いについてお話してきましたが、もし、あなたが30万円借りたい場合は、金利も安い銀行カードローンがおすすめです。カードローンは基本的に50万円以下の場合、最高金利が適用されることが極めて多いため消費者金融を利用した場合18%の実質年率が適用されます。それに比べて銀行のカードローンであれば10%の実質年率のカードローンもある為、こういったカードローンを利用してみるのはおすすめです。

 

実質年率面で比べると住信SBIネット銀行のカードローンは何と最大年率7.99%からの借入スタートとなる為おすすめです。申込の際に限度額300万円までの場合は収入証明が必要ないのも嬉しいですね。詳細は公式サイトでご確認ください。参考:Mr.カードローンについて

 

私の運営する30万円借りる方向けに作成した情報サイトも参考にご覧ください。

30万円借りる~今日借りたい低金利で借入!

更新履歴